MENU

大阪城東区|建築木材なら小浜木材工業株式会社 小浜木材工業株式会社

大工育成プロジェクトCarpenter Training Project

刻み場で木造住宅の構造材を、大工職人が一本一本墨付けした木材を手刻みし、出来上がった材料を梱包して現場に運んでた時代から、 機械化(プレカット)により、必要な長さに切断済みなだけでなく、継ぎ手、仕口の加工まで施された材が配送される時代へと変化しました。

今では大工職人が墨付けからの作業をすることも少なくなり、時代の変化と共に古き良き習慣も失われつつあるような気がして寂しい気持ちになります。

しかし、それよりも深刻な問題は次世代の担い手が減少していることです。

今でも宮大工のような特殊な技術を必要とする仕事もあります。
ですが、一般住宅の現場では、先にお話ししたように、機械化が進み一人前の大工職人になるのに、昔ほどの時間がかからないように思います。

しかしながら、人間がやることなので、誰がやっても同じ品質のものを提供できるとは限りません。
あくまで組み立てる前のパーツまでの話で現場では人の手で造りあげていくのですから・・・

これから大工職人を目指す方が大工として基本的な事を学べない環境で、しっかりとした技術を身につけないまま、数年間下働きをして、 独立するというパターンを見てきましたが、これでは技術の継承などとてもできないでしょう。
こんな事を仲間の大工さんと話をしているうちに、「やっぱりこれではいかん!!」ということになり、 大工と材木屋が一体となって次世代の担い手を育成していこうと考えました。

技術においてもモラルにおいても、御施主様からも、工務店様からも、信頼いただける人材をぜひ育てたいと!!
昨今、機械化に伴う省力化で、大工職人の手間賃の下落が著しいですが、このままでは夢も希望もないですよね。 一見同じような仕事も、ちゃんと見てもらえば違いの解る仕事ができ、仲間で楽しく語り合い、お客様から厚い信頼を頂きながら期待に答える。

そんな環境で仕事が出来るとやりがいがありますよね!
そんな現場を、私達と一緒に作っていきませんか?

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
PAGE TOP